前へ
次へ

性格の不一致で離婚裁判はできるのか

夫婦が喧嘩をしてしまう原因として性格が合わない事等がありますが、余りにも性格が合わない場合は離婚をしたくなってしまう事があります。
ただ性格が合わないだけで離婚をする際に、協議離婚を先ず試みますが、協議離婚は話し合いをして離婚をする必要があるので、会話が上手にできない夫婦は上手く離婚できない可能性が高いです。
その後は調停離婚に進展しますが、協議離婚で話し合いが上手くいかなかった夫婦は調停でも上手く話し合いがまとまらない可能性が高いので、離婚裁判までいく事になります。
しかし離婚裁判をするには、法定離婚原因が必要になるので、性格の不一致を理由にして、そもそも裁判が行えるのかが、不安になってしまいます。
法定離婚原因には不貞行為等の明確な理由が該当してきますが、婚姻を継続し難い重大な事由がある場合でも、離婚裁判を開始する事ができます。
性格の不一致は重大な事由に該当してくるので、離婚裁判を行う事ができますから、安心して離婚をする事が可能です。

Page Top