前へ
次へ

離婚裁判なら弁護士費用の内訳を確認

商品やサービスには価格が付けられていて、広く知られている商品などだと大体どれくらいが適正価格かなどがわかるでしょう。
しかしあまり利用したことのないサービスだと適正価格がわかりませんし、それらの価格が何から構成されているのかもわかりません。
離婚裁判をするには弁護士に依頼をしなければ希望通りの判決を得るのは難しいでしょう。
多くの弁護士から選ぶことになりますが、その時は弁護士費用がどうなっているか確認、比較しましょう。
離婚裁判を行ってくれる弁護士にかかる費用として、相談料と着手金さらに報奨金その他の費用が発生します。
相談料は大抵30分5千円でどの弁護士も大体同じですが、着手金や報奨金はそれぞれで計算方法が異なります。
実費や日当を別途請求するところもあれば一律で決めているところもあり、どちらの方がかからないかは実際に終えてみないとわからない部分もあります。
親切な弁護士は大体のシミュレーションをしてくれるので、それを参考に考えてもよいでしょう。

Page Top