前へ
次へ

離婚裁判で離婚届後に婚姻関係を継続したとき

婚姻関係があれば夫婦は一緒に生活をします。
子育てなどを協力して行うことになるでしょう。
しかし夫婦間の信頼関係がなくなれば一緒に生活するのが苦になり別居を選択します。
別居をした時点ではまだ離婚ではありませんが、一定年数別居を続ければ事実上婚姻関係が破綻しているとされ離婚裁判でも離婚が認められる時があります。
では離婚届を出した後に同居を続けるなど婚姻関係に近い状態を続けていた時に離婚が成立するのかです。
婚姻関係には事実婚と言われるものがあり、婚姻届けは出していないが夫婦のように生活している状態を指します。
法律上は婚姻関係でないとしながら、婚姻関係同様の権利が得られる時もあります。
離婚届後も一緒に生活しているとなると事実婚に近い状態で離婚届自体が無効になるのではないかと考えがちですが、この離婚裁判では離婚届は有効とされました。
もし婚姻関係を認めてほしいなら再度婚姻届けを出すと良いのかもしれません。

Page Top